企業・消費者への魅力

socialgoodは新たな仮想通貨として注目されていますが、今後の予測が気になる方も少なくないでしょう。保有者や参加企業が増えれば拡大していくシステムを取っているため、どのくらいの拡大率になるかが問題となっています。将来性について紹介します。

■導入費用が少ないのが魅力
socialgoodに企業が参加するときのコストはゼロです。エコシステムに参加するための初期費用は一切かかりません。ブロックチェーン技術を活用したもので、設備費用も必要がないのです。そのため、企業にとってエコシステムに参加するデメリットは何もなく、考え方に納得した企業が参加すればよいのです。企業側としても参加するメリットが高いからこそ、多くの企業が注目しています。

socialgoodは一度名前だけが知れ渡れば、他のネットサービスのようにグローバル的に拡大が予測できます。仮想通貨を買いたいという人が増えて、エコシステムに参加したいという企業が増えていけば、自然と価値も高まっていくと考えられています。

気になるのがセキュリティ面ですが、安全性に定評がある方式を採っているため、セキュリティ面でも信頼感があります。使用しているのはERC-20トークンスタンダードです。仮想通貨を保有し買い物でキャッシュバックを得る方法も、大手企業のシステムを活用することで、セキュリティを高めることができます。安全に使えるためにセキュリティは重視しているので、世界中の方も注目しています。

■価値が高まる仕組み
socialgoodは自然と価値が高まる仕組みもあるため、価格の上昇も見込むことができます。価値が高まる仕組みとは、消費者に支払われるキャッシュバックです。キャッシュバックはsocialgood建となり、より価値が高まるようにできています。参加している企業にとっても、消費者にキャッシュバックシステムがあることで、メリットを伝えやすくなるでしょう。自社でポイントバックがあれば、自社ポイントとの両方でポイント還元が行われることになります。

また、価値が下がらないように発行枚数を制限しています。制限がある中で保有している人は、希少価値がある仮想通貨として扱うことができるでしょう。エコシステムに参加する企業はsocialgoodの保有者が支払うことで消費が増え、取引量が増えれば増えるほど価値が高まる仕組みができ上っています。

一方で法定通貨は供給量に制限がありません。たとえばドルの供給量は過去と比べて15倍になっています。それだけ供給量が増えればインフレになる可能性もあるわけです。法定通貨と比べてsocialgoodは構造上に右肩上がりになるのがメリットです。金と比較すると金も供給制限はありますが、確実な需要は見込めないでしょう。socialgoodのように供給制限がありながらも、確実な需要が見込めて、上昇圧力に強い通貨は珍しい存在です。

■右肩上がりになる仮想通貨
メリットは今後右肩上がりになることが予想できることです。今後は価値がどんどん高まっていく可能性もあるので、早めに参入しておくことが必要になります。仮想通貨での投資を考えている方は、キャッシュバックシステムがある仮想通貨に注目してみましょう。